ポケットモンスターに再度はまりました

ポケモンGOにはまり、久しぶりにポケットモンスターに関心を持つようになりました。そこで、久しぶりにアニメのポケットモンスターを見ることにしました。直近で見たのは、6~7年位前だと思います。

実際に視聴すると、知らないポケモンがいっぱいいましたが、ギャラドスやリザードンなどの初期ポケモンが出ていたのは嬉しかったです。主人公のサトシのそばにいるピカチュウは、相変わらず、かわいかったです。人気ナンバーワンポケモンと称される理由が良く分かります。ポケモンGOでもゲットした時は最高に嬉しかったです。

また、ロケット団の諸君たちは、相変わらず味のある振る舞いで安心しました。決めセリフも変わっておらず、懐かしい感じがしました。悪いキャラなのに憎めない感じが良いのだろうと思いました。彼らのアシストがサトシたちを助けることになる感じは、敵キャラなのかと疑ってしまう位です。

現在のストーリーは、舞台がカロス地方という所であり、最終局面に差し掛かっていました。敵キャラであるフラダリが反乱を起こし、街中が大パニックになっていました。伝説のポケモン・ジガルデの大暴れが原因のようでした。サトシたちが協力して敵に向かっていくシーンは、いかにも少年少女用のアニメらしく、とても良い構成だなと思いました。カロスリーグのジムリーダーたちが集結したシーンは、胸が熱くなりました。物語の最終局面にふさわしい全員集合は、お決まりのパターンですが、視聴者としては嬉しい限りでしょう。

カロス地方の物語は、終始メガシンカという新しい進化スタイルが話の中心にありました。ポケモンも進化しているのだなと、時の流れをしみじみと感じました。進化を超えた進化、という設定は私がポケモンをやっていた頃には考えもつかなかったものです。なじみのあるポケモンのメガシンカした姿を見てみたくなりました。そこで、ニンテンドー2DSでポケモンの新シリーズが発売されるようなので、買ってみようかなと思いました。