双子の卵は普通の卵よりもビッグサイズ

大きな卵を購入すると、時々卵の黄身だけが二つ入った卵があります。卵は一つにつき黄身が一つ入っているのが本来の姿ですが、実はこの黄身が二つ入っているという双子の卵は良くある卵です。どうしてこういったことが起こるかというと、産卵開始直後の雌のニワトリは、排卵が安定していなく、一度に二つの黄身となるような排卵をしてしまうということがあるようです。
この双子の卵を産むのが、産卵開始直後の雌のニワトリに多いというのが、その証拠でもあります。排卵が安定しない状態で産卵開始をしてしまうためこのような卵になるのですが、食べる方の人間にとってはとてもスペシャルなサプライズになります。卵を割ってみて黄身が二つも入っている何で、何だか得した気分になります。