八日目の蝉の映画版を初めて見ました

小説の八日目の蝉は見ていたのですが、映画版は今回初めて見ることができました。

小説はすごく面白くて一気に読んでしまったのですが、その分映画版でがっかりしたくなくて上映からかなり時間がたってしまいました。

ようやく見ることができたのですが思った以上にキャストがしっかりはまっていて、小説版とはまた違った雰囲気で楽しむこともできました。

八日目の蝉は乳幼児のころから4歳までの間誘拐され、誘拐犯を本物の母親だと思い込んでしまう少女とその誘拐犯の逃亡生活を描いたもので、さらにその少女が大人になって自分の過去を思い出していく過程までを描いています。

誘拐犯を演じる永作博美さんはいつ見ても年齢を感じさせず、とてもかわいいのに今回は母親としての優しさや強さをしっかりと表現されていました。

そして毎日少女と過ごすことの大切さや、逃亡生活の必死さがこちらにも強く伝わってきました。

少女の大人になった姿は井上真央さんが演じていますが、こちらもいつもの元気な姿とは違いどこか陰のある大人の女性を演じています。

改めてみるとやっぱり井上真央さんはすごくかわいくてそういう映画ではないのについつい見とれてしまいました。

意外なキャストだったのが劇団ひとりさんで、井上真央さんの不倫相手を演じていますがいつものバラエティー職はなく男の人のいやらしい感じが出ていてすごくいい味が出ていました。

何をやっても器用にこなすなぁと感心してしまいます。

そして何よりこの映画を見ようと思ったのは小池栄子さんが出演していることです。

『乱暴と待機』などでもすごく素敵だったので小池さんが出ている映画は必ず見ようと決めています。

今回も少し変わった気弱な女性を見事に演じていてすごく作品の中で光っていたと思います。

誘拐犯としてではあるものの確かに本当の親子として過ごした日々は、元の家族の元に戻っても埋められずそれがなおさら苦しめる原因にもなっていました。

ただこの作品に出てくる男性陣はどれもみな頼りなくその存在がこの悲しい事件を招いた原因なのではないかと思うと悲しくてたまりません。

全編通して、悲しさと温かさが混じった素敵な作品でした。

またいつかゆっくり見てみたいと思います。

同じ映画を何回も観て感じたこと

千と千尋の神隠しのテーマは嘘をつかないで自分を信じて進んでごらん、と言っているような気がします。

両親は誰もいない食堂でご飯を食べるが、千尋は誰もいないのに勝手に食べたら泥棒と言っています。

千尋は食べないで我慢する。

その結果、両親は豚にされます。千尋は豚にはならず、人間でいることができました。

その後、両親不在で1人で困難に立ち向かいます。一人ではなくても困難に立ち向かうのは難しいと思います。

とても不安なこだと思います。

それでも、一人で頑張っている姿がみんなに伝わり、最後にはみんなが見方し、協力してくれる。

一人で立ち向かおうとしている中にでも、応援してくれる人、協力してくれる人はいるのだから

一人では無いんだよと言われているような気がします。

元気のない子供のみてほしいです。

何かにぶつかって悩んでいる人にも観てもらえたら良いかなと思います。

何事も自分のできる精一杯のことを行えば、結果はついてくるので

正直に自分の進むべき道を歩いて行きなさいと言われているよな気がしました。

自分が元気をもらいました。