国保特定検診で肺のCT検査の再検査をしてきました。

特定健診で肺のCT撮影検査を受けました。全体的には何もなく綺麗に見えていましたが少々気になるところがあると医者に言われました。左の肺の下の方に1ミリ以下ではありますが小さな白い点が幽かに見えます。昨年までの人間ドックに受けたレントゲン写真では何も指摘を受けていませんでした。

今回は撮影方法は違っても白い点があり昨年無かったことで逆に気になるとの事でした。3年前まで煙草を吸っていたことや、ほぼ毎日咳がでることなどを話をしました。肉親でがんで無くなった人は?、と聞かれました。母親は13年前に肺がんで亡くし、兄を7年前に多発性骨髄腫で亡くし、父親を2年前に老衰で亡くしましたが、大腸がんの手術を3回していました。

家系だけをみますと肉親3人をがんで亡くしています。かと言って必ずしも遺伝するとは限らないと先生は言ってくれましたが、余計に気になりました。医者の勧めもあり赤十字病院で再検査を受診することにしました。大体の希望日を告げて1両日中に日にちが決まったら連絡をしますとのことでした。

勿論、紹介状を書いて頂き受診日前に取りに行くことにしました。再検査の当日、10時30分の予約でしたが初めて行く病院ですので勝手がわかりませんので、少し早めに着くように出かけました。赤十字病院に9時30分ころ着きました。さすがに個人病院とは違って建物から駐車場から大きさの規模が違います。

駐車場も100台は収容できるところが10か所以上はありました。夫々に駐車場の係員がいて誘導してくれます。それと驚いたのはゴルフ場で使っているような4人乗りのカートが動き回っていて、足の不自由な人やお年寄りの足代わりになっていたことです。何しろ、駐車場から病院の玄関(数か所あり)まで距離があり特に遠くに止めた人は大変です。

自分は足には自信がありますので当然あるいて玄関まで行き中に入りました。10階建ての建物で玄関から中に入るとまるでバーゲンセール中の大手百貨店のような混雑ぶりでした。今の大病院の良いところは初めての外来者に親切なところです。受付窓口に行かなくてもその前に案内のお姉さんが声を掛けてくれます。

紹介状を見せて来訪した目的を話をしました。テキパキと分かりやすく説明をしてくれました。受付を済ませ無事に再検査をしました。特に何もありませんでしたが1か月だけ様子をみて再度CT検査をすることにして、本日は終わりにしました。